読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SwiftでAuto Layout v0.2

先週作ったswift-layoutの機能拡張と修正をしました。

https://github.com/grachro/swift-layout


swift-layoutの使用例

//UIViewControllerでの記述例

//UILabelを画面中央に配置
let lblA = UILabel()
Layout.regist(lblA, superview: self.view)
  .horizontalCenterInSuperview()
  .verticalCenterInSuperview()
  .backgroundColor(UIColor.whiteColor())
  .text("中央")

//もう一つのラベルを画面の最下部に配置。x位置は最初のUILabelの中央と同じ
let lblB = UILabel()
Layout.regist(lblB , superview: self.view)
    .bottomIsSameSuperview())
    .horizontalCenterIsSame(lblA)
    .text("下")

v0.2修正点

containerをsuperviewに変更

UIKitの世界では、親Viewはsuperviewと表現されているので、引数とメソッド名を修正しました。



Layoutで磨りガラス効果追加

iOS7まではNavigationBarで画面を覆ったり、外部のライブラリを使ったりする必要があったようですが、UIBlurEffectで磨りガラスエフェクトをいれらるようになりました。Layoutクラスでファクトリメソッドを追加しています。

let effect1:UIVisualEffectView = Layout.createExtraLightBlurEffect()
let effect2:UIVisualEffectView = Layout.createLightBlurEffect()
let effect3:UIVisualEffectView = Layout.createDarkBlurEffect()


内部的には、UIVisualEffectViewとUIBlurEffectを読んでいるだけです。

class func createExtraLightBlurEffect() -> UIVisualEffectView {
    return UIVisualEffectView(effect: UIBlurEffect(style: .ExtraLight))
}


この方法で作る磨りガラスは厚すぎるようですが、backgroundcolorの透明度をさげても別に薄くはならないようです。


lastConstraint()でNSLayoutConstraintを取得

Layoutクラス内で生成したNSLayoutConstraintの最後のインスタンスをlastConstraintメソッドで取得できるようにしました。
後で、constantを変えたい時に使用します。


ScrollViewPullAreaでpull to requestっぽい機能を追加

テーブルの上部に引っ張ったときにヘッダ情報を出すときに使用できるScrollViewPullerクラスを試験的に作りました。
このクラスはLayout.swiftには含まれていません。ScrollViewPuller.swiftを別途追加してください。
サンプルコードのPullToRefresh1SampleViewController.swiftとかPullToRefresh2SampleViewController.swiftで動きがみれます。