読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seasarプロジェクト見学(その1 SAStruts)

概要

未だ未体験のSeasarプロジェクトを見学してみます。
まずは、DIがどのような作りか体験したっかのですが、
プレゼンテーションだけで12プロジェクトもあってどれを試せばいいのかいきなり迷います。
ググッてヒット件数を比較。

  • Cubby の検索結果 約 1,840,000 件
  • Mayaa の検索結果 約 153,000 件
  • mobylet の検索結果 約 15,500 件
  • S2BlazeDS の検索結果 約 6,230 件
  • S2Flex の検索結果 約 54,600 件
  • S2JSF の検索結果 約 13,300 件
  • S2OpenAMF の検索結果 約 686 件
  • S2Portlet の検索結果 約 1,850 件
  • S2Struts の検索結果 約 22,500 件
  • SAStruts の検索結果 約 68,300 件
  • Teeda の検索結果 約 182,000 件
  • Ymir の検索結果 約 349,000 件

CubbyがダントツですがSeaser以外の「何か」もヒットしています。Cubby seaserだと約 287,000 件でした。
S2Strutsが私の周りでは一番よく聞くような気がしますが、主流派では無いようです。
CubbyYmirがシンプルそうで気になりますが、
なんとなくはStrutsの拡張っぽくて新しそうなSAStrutsを使ってみることにしました。

導入

公式サイトのセットアップに沿って進めていきます。

1.プラグイン

http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/から「Tomcat Launcher」プラグインEclipseにインストールしろとありますが、見つかりませんでした。「WebLauncher」というそれっぽいものがあるので、代わりに入れてみます。カンです。
http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/から「ResourceSynchronizer」と「SAStrutsPlugin」は見つかったのでインストール。

2.チュートリアルプロジェクトの設定

チュートリアルEclipseプロジェクトをダウンロード。
sa-struts-tutorial-1.0.4-sp8.zip
インポートしたら、Tomcatのjarがうまくパスが通らなかったので、適当に直します。

3.WebLauncherの設定

チュートリアルのプロジェクトはWTPのサーバから認識できませんでした。
先ほど入れたWebLauncherで試してみます。


「WebLauncherダイアログ」
プロジェクト右クリック>[プロジェクト]メニュー>[WebLauncher]を選択
  ・「Winstoneを使用する。」:チェックをつける
  ・コンテキスト名:""(空白)
  ・動作ディレクトリ:/sa-struts-tutorial/src/main/webapp
  ・ポート番号:8080
  ・設定ファイル:""(空白)


SAStrutsダイアログ」
ついでに、SAStrutsの設定
  ・Webappルート:/src/main/webapp
  ・メインJavaソース・パス:/src/main/java
  ・convention.diconパス:/src/main/resources/convention.dicon
  ・Webサーバ:http://localhost:8080
  ・コンテキスト:

4.サーバ起動

プロジェクト右クリック>[WebLauncher]メニュー>[サーバを起動する]メニューを選択
http://localhost:8080/にアクセスすると、「Welcome to Super Agile Struts Tutorial」画面が開きました。


とりあえず

動作する環境ができたところで、チュートリアルを見てみたのですが、、、長い。

DI部分はどこなのでしょうか??

覗いていると時間がかかりそうなので、次のプロジェクトへ移ります。